マンションの投資ポイント

建物

マンション投資の人気は地価の上昇と共に高まっています。けれども賃貸の需給関係により新築マンションが増えていることから、収益を上げることが難しくなると予測されます。そこで失敗事例を多く見ておくことで、上手く運用できるように学ぶことが必要となります。これから増えると予測される失敗としては、短期での値上がりを期待するマンション投資です。再開発が進む地域が多く、その周辺では高層マンションも多く建設されています。それに伴って購入希望者も増えていることから販売価格も高まっています。けれども賃貸経営を行う上では家賃利回りが低下しますし、また値上がりも確かなものではないものです。逆に供給過剰による値下がりリスクが高まると予測されます。

失敗しないマンション投資を心掛けるなら、まずは無理のない返済計画が必要です。家賃収入をローン返済に回しても、少し残る程度にしておくわけです。それをメンテナンスに使用したり空き部屋になった時の返済に充てるようにするわけです。マンション投資には割と維持費がかかるものなので、その分も確保することが大事です。また、失敗事例として多いのが確定人口による税金の還付の知識不足です。経費として計上できる建物の減価償却費は、年々減少します。中古物件ならば当初からかなり少なくなるわけです。つまり、税金の還付も少なくなるので要注意ということです。また、築年数の経過により家賃設定も下がることを考慮する必要もあります。